Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

TracWikiSlides : プレゼン資料をTracWiki形式で書く

前にブログで「TracWiki言語でプレゼンっていうのがあるとうれしいかも」なんてことをつぶやいていたのですが、作ってみました。

  • 「TracWikiで書いたものがスライドになる」のではなく、「スライドをTracWiki形式で書けるようになる」
    • っていうことで、かなり限定されたWiki文法しか対応していません。
  • OSXSafariでしか試していません。
    • こないだGoogle Chromeでは動きました。そのあと変えてるので動かなかったらすみません。
    • FireFoxはキーボードショートカット以外は動いているみたいです。
      • (2009/02/22追記) FireFoxキーボードショートカット対応しました。
    • IEでは動きません。
 var settings = {
     "wiki_url": "../../wiki/TestSlide?format=txt",
     "attachment_url": "../../raw-attachment/wiki/TestSlide"
 }
  • ブラウザアクセス
    • http:// ... /$project/chrome/site/tracwikislides.html
      • jキーで前スライド
      • kキーで次スライド
  • 書き方
 = 見出し =
 == 見出し ==
 * ページタイトル
   * ページの中の項目
   * ページの中の項目
     * ページの中の項目
   * ページの中の項目
 * ページタイトル
>引用
>>引用2
[[Image(添付画像.png)]]
  • デモをどっかにおいたほうがよさげ。