Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

シリコンバレーとか英語圏に行って働いたらええとおもう。

On Off and Beyond: 海外で勉強して働こう

これまでずっとなるべく言わないようにしていたのだが、もう平たく/明快に言うことにしました。
1)日本はもう立ち直れないと思う。
だから、
2)海外で勉強してそのまま海外で働く道を真剣に考えてみて欲しい。

うわ、ぶっちゃけたっすね。でも、賛成です。
基本的な認識として、何もしないのに「自分の見える範囲で自分のできることを頑張っていれば日本経済がいつか復興する」なんて絵空事を信じている人がいるとしたら、なんか考え直した方がいいと思う。(97年くらいに普通にそういうことを言っているオジサンがいて、とても辟易した記憶がある。)

で、おすすめなのは、とりあえずシリコンバレーに行ったらいいんじゃなかろうか。(シリコンバレーでなくてもいいですけど。)
職が見つかれば...、なんて言ってないで、twitterでもブログでも使ってなんとかコネを作って、見学にいったらどうか。
シリコンバレーには、日本人はたくさんいる。JTPAなんて団体もある。
WWDCとか、VMWorldとか、調べればカリフォルニアでやってるカンファレンスもたくさんある。
サンフランシスコからサンノゼまでは電車があるから、交通機関にはそんなに困らない(車があれば全然いいとおもいますが、ないからダメっていうのも言い訳だ)。

南の島にバカンスに行くかねと時間がある人は、まずそっちに使うことを考えてみよう。
新型インフルエンザがあるので今日すぐにという分けにも行かない事情があるかもしれないけど、貯金はしとこう。
パスポートとっとこう。航空券の買い方を、HISや地球の歩き方で調べよう。
人生はそんなに長くないので、動くなら今だ。
記憶はそこそこ長持ちするので、今調べとけば、そのうち使える。

行ってみて、英語が通じないと思ったら、その悔しさを持って帰って、英語を勉強する燃料にしよう。


って感じで、とりあえず方向決めて動いていくことが大事な気がしています。
状況も目標も少しずつ変化していくと思いますが、だからといって最初の目標がウソや間違いだった訳じゃない。
確からしい目標を認識できるほど、自分の持っている情報量が十分ではなかったことに気付いただけってことです。
危機を知らなければ、逃げることもできませんので。