Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

「あなたにしかできないことがきっとある。」

原田騎郎さんと久しぶりにちょっとだけ飲んだときに「きっと、かわぐちさんにしかできないことがある」と言われて、自分にしかできないことなんてあるかなぁ?なんて思いました。


しばらく考えて、結局、自分くらいしかやらないだろう変なことはそこそこしてきたんじゃないかという気もしてきます。


たぶん、私にしかできないんじゃなくて、きっとやろうと思えば誰でもできそうだけど、みんな忙しそうだし、私くらいしかやらないだろうな、これ、みたいなもの。みんなにとって、なくてもそんなに困らないものだとうれしいです。ないと困るものを背負ってしまう勇気はないから。あと、たぶん平均的な人がやるよりはちょっとだけ上手にできるとか、早く安くできるとか、そういうのも一応考えたりしますよね。才能とかじゃなくれ、単なる慣れの問題として。


そういうのを選択するのはだいじなことなんでしょうね。でも最近自分がそこそこ忙しい気持ちになっていて、よくないなと思います。もうちょっとバランスを整えたいです。


で、いろんな方々にお世話になって、いろいろとご迷惑をおかけし(ほんとにごめんなさい)、「大丈夫なんかなぁ」なんて思っていただきつつ、陰に日向にご助力を頂き、なんとか生かしていただいている今日この頃です。


ありがとう。原田さん。