Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ジョナサン・ラスマセンのインセプションデッキ研修 : プロダクトオーナーにおすすめ

アジャイルサムライの著者、ジョナサン・ラスマセンさんのインセプションデッキ研修をお手伝いします。私は5年前に来日したときに受けました。

 

インセプションデッキ・トレーニング 同時通訳(1日間)

http://www.jp.agilergo.com/inceptiondeck-rasmusson-20161018

講師 ジョナサン・ラスマセン
日程  2016年10/18(火)

 

アジャイル開発でどうやってプロダクトバックログを作っていくか、ステークホルダー(利害関係者)からどうやって要件を引き出すか、彼は10個の手法を選んで、デッキにしました。

ジョナサンはモノを作る側の技術プラクティスには精通しており、正しく作ることはうまくいくのですけど、それでもプロジェクトが失敗してしまうことがある。なぜかというと、要件が不明確、もしくは、間違っていたわけです。

そこで作ったのがこのインセプションデッキです。確認すべき要件のリストです。それぞれがテンプレートになっていることが重要です。

このテンプレートを埋められるようにステークホルダに質問してみて、答えてくれればそれでよいし、なければ自分で埋めてみて「こう理解しているのですけど、どうですか?」と聞いてみれば「いやいや、こうですよ」というふうに情報を引き出せる可能性が上がります。

ジョナサンのインセプションデッキは10枚のテンプレートで構成されます。もしこれと違うものが必要になったら、自分のデッキを作ればいい(作るべき)と言っていました。まずはジョナサンのインセプションデッキを参考にし、足りない所があれば作ってみたり、不要なところを省いたりしながら、自分のものを作り上げていくといいでしょう。守破離です。

もし、ご自身のインセプションデッキの工夫があれば、ぜひ研修に持ってきて、こんなのあるよ!と聞いてみましょう!

 

  1. 私たちはなぜここにいるか?

  2. エレベーターピッチ

  3. ビジネスのビジョン

  4. 目的とスコープ

  5. 組織のコンテキスト

  6. 論理的スコープ

  7. 技術的ビジョン

  8. リスクマネジメント

  9. プロジェクト見積もり

  10. トレードオフスライダー

 

テンプレートを角谷さん(@kakutani) が日本語化して公開してくれています。

support/blank-inception-deck at master · agile-samurai-ja/support · GitHub

 

f:id:wayaguchi:20161005112933p:plain

f:id:wayaguchi:20161005113028p:plain

f:id:wayaguchi:20161005113041p:plain

 

f:id:wayaguchi:20161005113101p:plain

f:id:wayaguchi:20161005113114p:plain

f:id:wayaguchi:20161005113126p:plain