Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ケン・ルービン 認定スクラムプロダクトオーナー (CSPO) - 2017年01/26(木) 〜 01/27(金)

2017年01/26(木) 〜 01/27(金) の日程で、Ken Rubin さんの認定スクラムプロダクトオーナーをお手伝いします。資料の翻訳もやります(これからだけど)。前回はスクラムマスターだったんですけど、今回はプロダクトオーナー向けということで、少し踏み込んだ内容を扱うことになると思います。エッセンシャルスクラムを読んだ方にはわかると思いますが、スクラムを使ったプロダクトマネジメントについてはかなりきっちりとした記述がされていますので、プロダクトマージャー一般におすすめの内容に成るのではないかと思います。

プロダクトプランニングとポートフォーリオプランニング
階層制アジャイルプランニング
近々リリースのためのフィーチャ優先順位付け方法
単独チームとスケールでのリリースプラン方法
定期的に増加するリリースの経済的ベネフィット
ユーザーストーリーを書くことにフォーカスしたアジャイル要件
プロダクトバックログを整える(改良する)ためのテクニック
進捗を追跡しレポートする方法

ジェフ・パットンが「魅力的なプロダクトをUCDを駆使して高速にどうやって考え、合意していくか」というデザイン思考の色が濃いCSPOだとすると、ケン・ルービンはよりスクラムに準拠した経営視点とフィットしやすい側面を扱う感じがしています。これはたぶん組織やシステムの性質によってどっちらのほうが向いている、というのがあると思っています。

f:id:wayaguchi:20160120114243j:plain

彼はエッセンシャルスクラムにも使われている図をCreative Commonsで公開しているので、スクラムの基本コンセプトやプロダクト管理の進め方を上司などに伝える際にも重宝するかもしれません。

 

 f:id:wayaguchi:20160120114227j:plain