Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Capistrano on Windows

今年、SubVersion(svn)で IISv6 上の ファイルとIIS設定を自動投入できるようにした。ファイル配布は普通にsvnの機能を使い、IISv6の設定はWSH(JavaScript)でIISのWMIオブジェクトを利用している(Using WMI to Configure IIS)

で、サーバ1台はこれでほぼ自動化された。

あとは、Deployment後のテストの自動化と、複数サーバに一度にジョブを実行する、というのをなるべく簡易にやりたいところである。

リモートでWSHを呼ぶ方法(Setting up Remote WSH)あたりを試していくのが本命だが、横目で気になっているのが、Capistrano (Switch Tower)。

Ruby on Rails の チームが作成している配布ツールである。

現在(2007年9月時点)のWindowsでのステータスはこんな感じらしい。

Capistrano in Ruby on Rails

Deploying in a win32 Environment

Capistrano extensively relies on SSH, which makes it ideal in a *nix environment. However, it can be used from a win32 machine since it uses the ruby net-ssh gem ? a ruby SSH2 client. Note: make sure you install the gem: “gem install net-ssh”!

In theory, it can also be used to deploy to another win32 machine, where an SSH server is running. I am currently using cygwin/opensshd with some success, but not complete yet. I’ll update here when done ? or someone else can update if they get there first!

Cygwin の OpenSSHd 経由で 一応動きはするらしい。