Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

GoogleもPerForce

Googleも使っているらしい。

ACM Queue vol. 1, no. 6 - September 2003

ACM Queue - A Conversation with Wayne Rosing - David J. Brown of Sun Microsystems interviews the Google guru

We use Perforce for source control, and that works well. As a general rule, we don't like to roll our own. That stuff is starting to get a little bit tricky now that we have three engineering sites, yet work on a common code base; the issues of how you do distributed development on a common code base are going to become more real. And, by the way, those are probably as much sociological as they are technological problems.

私たちは ソース管理に Perforce を使っており、これはよく機能しています。 原則として、われわれは、ロール付け(訳者注:管理者とコード作成者、などの役割に基づいてパーミションを設定すること)をすることを好みません。 この道具だて(訳者注:PerForceによるソースコード管理およびそのサイト運営)は、徐々にトリッキーな状況なりつつあります。単一の共通コードをベースに、3つの開発サイトを持って、作業していますので(訳者注:常に最新版の反映とかマージの問題がある)。ひとつの共通コードベースで、いかに分散開発をするか、という課題(issue)が、だんだん現実的なものになってきています。そしてまた、この課題は技術的な問題でありながら、社会学的な(組織上の)問題でもあるんじゃないでしょうか。

すごくいいツールなんだから、もっと宣伝したらいいのに、と思う。

-クライアントが結構使いやすい(とっつきづらいけれど。・・・ほかがひどい、というべきか)。

-サーバが使いやすい(管理しやすい。サーバ構築が楽)。

-構築が低コスト(OSを選ばないし、外部DBもいらない)。

-日本語対応がきっちりなされている(by 東陽テクニカ社)。

- - -

PerForce.com の "Perforce in the News" に音声ファイルへのリンクがあったので、英語学習用に。

02/27/04 .NET Rocks - .NET vs. Java (entire show) | Perforce segment (10 minutes) [MP3]