Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

石井裕さんの講演

考えさせられごと

kawaguti's chronical record: 石井裕さんの講演

 

石井さんの講演メモ。

 

 

未来は予測するものではなく、発明するものだ。

"We don't predict the future. we invent it." (Allan Kay)

 

 

 

出すぎた杭は誰も打てない。

(作者不詳)

 

 

 

人生は短い

"Life is too short"

(慣用句?ニコラス・ネグロポンテ→石井さん)

 

 

 

学際っていう場合、多くの場合、例えば技術系の人がアート系の人と協力し合って、コラボレートすることだと思っている方がいます。

 

それはどういう仮定を含んでいるかというと、

アーティストは、ハンダ付けしない、電気工学わからなくていい、C++のLanguageが書けなくていい。一方、技術者は、アートの本質的なConceptとかTheoryに貢献することを期待されていない。

 

これはわれわれにとって本当のコラボレーションだと思っていません。

すなわち各人が、各研究者も教授も、アーティストでありデザイナーでありサイエンティストでありエンジニアであり、なおかつ教授の場合ビジネスマンでもなきゃいけない。

一人の人間がすべてでなきゃいけない。

 

すなわち、ひとつのラベルを貼って、レッテルを貼って、

あなたは技術者、あなたはCognitive Science(認知科学)、あなたはSociology、

といった時代ではもうなくなっている。

 

逆に解かなきゃいけない問題がこれだけ複雑になって、

人間、その信義、そのsociety、commitと、

これだけ複雑に絡んでいるときに、それをデザインするときに、ひとつの学問だけでやっていく時代はもう終わっている。

 

もちろんすべての学問でNo.1にはなれませんけども、

それぞれの言語をfluentに話し、深く尊敬し、そういうチームをまとめられるリーダーでないと、これからやっていけない、というふうに思います。

それがわれわれの学際の違いです。

(石井裕さん)