Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

マネー・ボール

各所でオススメとのうわさの「マネー・ボール」。

これもやっと図書館で借りられたので読みました。

基本はドキュメンタリーなので、余分なエピソードが多くて、不要に長いような気がするのは大目に見るとして・・・。

プロ野球で、人気株(高年棒の人気と実力のある選手)には手を出さず、独自の分析理論に基づいてグロース(大学出の新人)とバリュー(安いベテラン)にベットする姿が、なかなかカッコよかったです。

さらに、メジャーリーグでは、「所属選手がFAでほかのチームに取られると、次回のドラフトで優遇される」という超合理的な仕組みがあるため、グロース銘柄を高値で売り抜けるとついでに次のグロースも買いやすくなるというおまけ付き。

直情即決系のGM(ビリー)と、冷静な分析家のポール(補佐役)の関係も、絵に描いたようにうまくいっている感じで。ちょっとできすぎ感はありますが。

Amazon.co.jp: 本: マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男

マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男