Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

自分から攻めないときは相手から攻められないのか(商売の話) + 墨攻

商売には自分達で想定するセグメンテーションというのがあって、

例えば小売業と卸売業には線を引いて違う商売ね、というのがあるわけです。

たまに、ブロックバスターという企業がでてきて、これまでは

別のセグメントの商売だと思っていたところから、

一気に(その分野にとっては)新技術を持ってきて、

市場を再構成してしまいます。

規制があった産業は、規制自体がセグメントを規定していたりするわけですが、

その規制が外される局面でも、どこかの企業がそれをうまく利用してブロックバスターになる、

ってこともあるわけですね。

まんまとブロック破壊されちゃった企業はなにをしてきたのか、バーカ。

ということなわけですが、いやいや、そう簡単にはブロック破壊を止められない

モンだよ、というのが「イノベーションのジレンマ」の議論。

じゃあ、自分でブロック破壊の準備もしとこうよ、というのが「イノベーションへの解」の処方。

じゃあ、なんとなくブロック破壊されそうだな、と思ったときの戦術って、

なにがとれるんでしょうかね。準備してないけど攻められつつあることは認識した場合。

自分は紳士的であり攻めてないのに、相手は理不尽に攻めてくる。

それを認識する感覚って、恐怖と怒りが入り混じる、健康的とはいえない

精神状態だろうなぁ、と想像します。

ここはもう、力勝負でしょうか。スピードにスピードですか。

ちょっと待って、体勢崩れているのに、的はずれな対抗策をドドーンと打って、

自らの終幕を早めるってこともあるじゃない。先に攻められているとわかった

時点で負けがほぼ決まっていたりするかも。後攻めだってことを認知する

時期、彼我の体勢の差によってケースバイケースでしょうけれど。

ヤン・ウェンリーみたいに、負けないように、ごまかしてしまう、なんて

手はないもんでしょうか。体力あるうちに効率的な小規模作戦をどんどん

やって、いつの間にかせこせこ陣地を取っている、みたいな。

イノベーション・・・に大負けしないようにたまに反撃しつつ上手に退却する戦術」

次はこれじゃないすか。うわ、ニッチ。

昔、勝った経験が、同程度以上の勝利でないと勝った気がしない、という方向に

人間の心理を追いやるとしても。

- - -

というわけで昔読んだ「墨攻」を思い出しました。マンガの方です。

攻められている城に負けない方法を説く「墨家」という学派(?)の人の話。

古代中国(春秋戦国)で諸子百家とかいわれる思想の中のひとつ、って

名前だけ覚えた記憶はあるけど・・・(老子荘子よりマイナーだよな)。

[Amazon] 墨攻 (1) 小学館文庫

そういや酒見賢一の原作小説を読んでいないことに気づきました。読んでみようかなぁ。

後宮小説」の人ですよね。これのアニメ化版はすごく爽快感ありました。

[Amazon] 雲のように風のように :DVD