Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

振り子の触れる方向が変わるとき

考えごと

みんなが飽きると、無視されていた別の方向が脚光を浴びて、振り子の触れる方向が変わる。

知識の生産が、知識の消費に追い付かない、というのが基本にある。

研究され尽くして、新たなアイデアが枯渇。

まったく別の哲学が「発見」され、そちらに徐々に人々の意識が移動していく。

まっさきに飛びつくのが、ギークという人達なのかもしれない。

Erlangは古いものであるが、今のWeb2.0を牽引する人達には馴染じみのない文法だろう。

あるいは80年代からソフトウェアに携わる人には、もう忘れてしまった名前だろうか。

RubyJava上で走ったり、.NET上で走ったりしていく、つまり、一言語多実装が現在のトレンドだ。しかしそういうものが、いまのところErlangにはない。ErlangErlang言語であり、BEAMインタプリタがうまく動作することで、Erlangの特性が出る。これらは不可分だ。

Erlangはそういう意味で、次の振り子の方向になりうるかな、と思った。

かなりこじつけである。

RubyJavaの用途をErlangで置き換える、という日はたぶんこないと思われる。

だからといって、Erlangが普及しない、っていうことはないとおもう。

まあ、そのへんがいいところじゃないか、ってことで。

意味深なタイトルのわりに、平凡なオチである。