Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ラックマウントのケーブリング

デザイン&仕事&ユーザビリティ

ラックマウントのケーブリングを人に頼めない部分で、けっこうぐちゃぐちゃだったので、直した。

プロのケーブリングを見ながら、自分なりに読み取ったポイント。

ケーブルマネジメントアームは使っていないので、マシンの引き出しは電源断が前提になる。

1. マシンのケーブルは、そのマシンのエリア内に

 2Uのマシンがあるとすると、その背後に2U分の空間(スペース)がある。そこにケーブルを収めるのが基本。

2. 電源ケーブルの処置

 電源ケーブルは長いケースが多い。折りたたみ、マジックテープで2箇所に巻いて長細い形を固定する。サーバの背面にねじりっこ(針金モール)をつけられればそれで固定する。

 電源ケーブルは加工できないア汎用品なので、適切な長さの電源ケーブルに変更するのも良いのではないかと思う。

 サーバからの抜け防止も考慮する。

3. アダプタもの

 KVMのアダプタなど、短いケーブルを必要とするアダプタものは、よこのラックフレームに結び付けて固定する。

4. LANケーブル

 LANケーブルも横のラックフレームに固定して引き込む、余長はスペース外で調整。

以上

ケーブル類は曲がり半径の小さいものを選ぶと便利です。