Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Ubuntu 8.04 LTS にアップデートした ・・・ 快適。

Tools

家ではUbuntu LinuxWindows XPデュアルブートにして使っている。

Core Duoが出る前のマシンなので、スペック的にVMwareは使っていない。

一昨日、Synaptic アップデートマネージャが「8.04LTSにアップデートできます。」と

教えてくれているのに気がついたので、アップデートしてみた。

寝ている間にアップデートを仕掛けたら、ダウンロードが止まっていた。

後で調べたら、Ubuntu日本語チームからアナウンスが出ていた。

ミラーサイトを変えたら、もっと快適になった。)

もう一度、アップデートをやってみたら、今度はすんなりできた。

GNU R の設定ファイルの上書き警告がでたが、設定をデフォルトから変更した記憶が

ないので、すんなり許可した。

アップデートの結果・・・すごく快適である。

ゴムゴムデスクトップも快適に動作している。前より軽いかも。

前の版あたりからIPA-monaフォントになって、日本語も読みやすくなったし。

言語化できないが、細かい部分の使いやすさが向上しているのはうれしいところだ。

FireFox3 Betaで動かないプラグインがあるので、更新を待ちたい所だ。

del.icio.usFireBugはまだ使えていない。

ビデオコーデックなど、Windowsに一日の長があるプロプライエタリソフトウェアは

まだまだだが、その他の日常生活は、FireFoxとエディタとOpenOfficeがあれば

足りてしまうので、一般向けにUbuntuがブレークする日も現実味が出てきている

と思う。