Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

VMware ESX(Infrastructure) 3.5 の概要

先月 Virtulizarion.info に出ていたVMware ESX(Infrastructure) 3.5 の概要は、直後に正式発表されていたようだ。年内発売とのこと。

ヴイエムウェア、省電源機能を搭載した「Virtual Infrastructure 3.5」の詳細発表:ニュース - CNET Japan

VMware tool tries new twist on power savings | Underexposed - CNET News.com

virtualization.infoのプロダクト相関図は正かったみたいで、とりあえず開発環境として必要そうな機能はFoundation Editionでカバーされそうだ。

以下、プレスリリース。

VMware Delivers Innovation for Customers Across Virtual Infrastructure Suite - VMware

VMware Infrastructure 3 Foundation (previously called “Starter”) will include VMware ESX Server, VMware ESX Server 3i, VMware Consolidated Backup and the new VMware Update Manager. Unlike the previous VMware Infrastructure 3 Starter, VMware Infrastructure 3 Foundation will have no restrictions on shared storage connectivity, memory utilization or number of CPUs of the physical server. VMware Infrastructure Foundation list price will be $995 per 2 processors.

(チョウ訳)VMware Infrastructure 3 Foundation (以前は “Starter” とよばれていた) は、ESX Server, VMware ESX Server 3i, VMware Consolidated Backup, the new VMware Update Managerを含むようになります。これまでの Starter とは違って、VI3 Foundationは、共有ストレージの利用制限、メモリ容量制限、物理CPU数の制限はなくなります。VMware Infrastructure Foundationの価格は $995/2CPUです。

現行Starterの定価が20万円なので、半額程度になりそうだ。個人で使うには高いけど。

気なる 3i 単体版はさらに半額。

VMware ESX Server 3i, providing single server partitioning, will be delivered embedded as firmware in server systems or as a standalone purchase for hard-drive installation. If purchased standalone for hard-drive installation, ESX Server 3i list price will be $495 per 2 processors.

(チョウ訳)

VMware ESX Server 3i, 単一サーバのパーティショニングを提供。ファームウェアとして組み込まれる、あるいはハードディスクにインストールされる単体版。単体版の価格は$495/2CPU。

上位版が必要になるのは以下の機能。EnterprizeはStandardの機能をすべて含む。

Standard: HA(サーバ停止時に別サーバ自動起動)

Enterprize: VMotion/Strage VMotion、電源管理、DRS(動的リソース管理)

気になるのは 管理コンソール機能「VirtualCenter Foundation」の価格。

Foundationと言う名前が今回から付きましたね。安くなったのかなぁ。

あと日本語化(余計なコストがかかるくらいなら、私は英語でよいのですが)。