Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

米大統領選はYouTubeで

ネット・ウォッチ

米国大統領選ではYouTube積極活用の方向らしいです。

メディア・パブ: 米大統領選の報道合戦,ここでもGoogleが台頭

今回の大統領選選挙活動/報道で最も注目されるのがGoogleの対応である。特に買収したYouTubeが台風の目となる。実際に動き始めている。来月に開かれる大統領選の民主党および共和党の両討論会で,YouTubeがCNNと共同主催者になる(San Jose Mercury Newsより)。

YouTubeは金にあかせてアップして有効活用できるメディアではないので、少なくとも政見放送の2次アップは「パレート効率的」だと思う。

 パレート効率性 - Wikipedia