Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Trac S5 plugin インストール

昨日日記で書いた「TracWikiSlides : プレゼン資料をTracWiki形式で書く」をすでに実現しているTracプラグインがありました。やつの名は S5 Plugin。S5というのはDHTMLを使ったプレゼンツールでたぶん一番有名なやつです。TracWiki記法をS5形式に変換して出力してあげれば、あとはS5の実行に任せられるので便利ですね。

で、Trac Pluginのインストールの仕方がまずわかってないので、そこから学ぶ必要がある、と。
Trac Pluginは、Pythonのライブラリのインストールに従っているので、まずはPythonのライブラリインストールのやり方を学ぶ必要がありそうです。

そうそう。
この日記は、作業をやりながら書いてますので、どっかでハマったらすみません。

Pythonプラグインのインストール方法

お手本にした手順はここです。ありがとうございます。

 ウノウラボ Unoh Labs: Python開発環境を整えよう
 http://labs.unoh.net/2007/04/python.html

手元の環境(OSX Leopard)にはすでにpythonが入っていますが(Trac動きますから)、RubyのGemに相当するツール ez_setup は入っていないみたいなので、インストールします。

$ curl -O http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py
$ python ez_setup.py

実行結果

$ curl -O http://peak.telecommunity.com/dist/ez_setup.py
  % Total    % Received % Xferd  Average Speed   Time    Time     Time  Current
                                 Dload  Upload   Total   Spent    Left  Speed
100  9716  100  9716    0     0   8826      0  0:00:01  0:00:01 --:--:-- 26474

$ python ez_setup.py
ownloading http://pypi.python.org/packages/2.5/s/setuptools/setuptools-0.6c9-py2.5.egg
Processing setuptools-0.6c9-py2.5.egg
Copying setuptools-0.6c9-py2.5.egg to /Library/Python/2.5/site-packages
Adding setuptools 0.6c9 to easy-install.pth file
error: /Library/Python/2.5/site-packages/easy-install.pth: Permission denied

後の方のコマンドは管理者権限が必要なようですので、sudoつけてもう一度

$ sudo python ez_setup.py
Password:
Processing setuptools-0.6c9-py2.5.egg
Removing /Library/Python/2.5/site-packages/setuptools-0.6c9-py2.5.egg
Copying setuptools-0.6c9-py2.5.egg to /Library/Python/2.5/site-packages
Adding setuptools 0.6c9 to easy-install.pth file
Installing easy_install script to /usr/local/bin
Installing easy_install-2.5 script to /usr/local/bin

Installed /Library/Python/2.5/site-packages/setuptools-0.6c9-py2.5.egg
Processing dependencies for setuptools==0.6c9
Finished processing dependencies for setuptools==0.6c9

なんか入ったっぽい雰囲気ですので、次行きます。

Tracプラグインのインストール

お手本にした手順はここです。ありがとうございます。

その後、インストールしたいPluginのアーカイブに含まれているsetup.pyを用いて、インストールを行うと自動的にLib/site-packagesフォルダ内にeggファイルが作成されます。

入れるのは S5 plugin なので、まずそれをとってきます。

Download
Download the zipped source from here.

これをダウンロードして解凍すると、こういうディレクトリができました。

$ find s5plugin
s5plugin
s5plugin/0.10
s5plugin/0.10/s5
s5plugin/0.10/s5/__init__.py
s5plugin/0.10/s5/htdocs
                                  (htdocs以下略)
s5plugin/0.10/s5/s5.py
s5plugin/0.10/s5/templates
s5plugin/0.10/s5/templates/s5.cs
s5plugin/0.10/setup.py

s5plugin/0.10/setup.py を ez_setup で実行すればインストールできそうです。

$ cd s5plugin/0.10/
$ python setup.py install

running install
running bdist_egg
running egg_info
creating S5.egg-info
writing S5.egg-info/PKG-INFO
writing top-level names to S5.egg-info/top_level.txt
writing dependency_links to S5.egg-info/dependency_links.txt
(中略)
Processing S5-0.1-py2.5.egg
Copying S5-0.1-py2.5.egg to /Library/Python/2.5/site-packages
Adding S5 0.1 to easy-install.pth file
error: /Library/Python/2.5/site-packages/easy-install.pth: Permission denied

最後のエラーを見ると、やはり管理者権限が必要っぽいですので、sudoをつけてもう一度。

$ sudo python setup.py install

unning install
running bdist_egg
running egg_info
(中略)
copying build/lib/s5/s5.py -> build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/s5
creating build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/s5/templates
copying build/lib/s5/templates/s5.cs -> build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/s5/templates
byte-compiling build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/s5/__init__.py to __init__.pyc
byte-compiling build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/s5/s5.py to s5.pyc
creating build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/EGG-INFO
copying S5.egg-info/PKG-INFO -> build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/EGG-INFO
copying S5.egg-info/SOURCES.txt -> build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/EGG-INFO
copying S5.egg-info/dependency_links.txt -> build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/EGG-INFO
copying S5.egg-info/entry_points.txt -> build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/EGG-INFO
copying S5.egg-info/top_level.txt -> build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/EGG-INFO
zip_safe flag not set; analyzing archive contents...
creating 'dist/S5-0.1-py2.5.egg' and adding 'build/bdist.macosx-10.5-i386/egg' to it
removing 'build/bdist.macosx-10.5-i386/egg' (and everything under it)
Processing S5-0.1-py2.5.egg
Removing /Library/Python/2.5/site-packages/S5-0.1-py2.5.egg
Copying S5-0.1-py2.5.egg to /Library/Python/2.5/site-packages
Adding S5 0.1 to easy-install.pth file

Installed /Library/Python/2.5/site-packages/S5-0.1-py2.5.egg
Processing dependencies for S5==0.1
Finished processing dependencies for S5==0.1

あ、インストールできたっぽいですね。

試してみる

tracdを再起動して、Tracサイトを見てみます。

  • Tracの管理者権限は付与していますので、Admin(管理)メニューに入れます。
    • 左メニューから [General]-[Plugins] を選択すると、右のリストに、"S5 0.1" がいます。
    • ▼アイコンをクリックしてメニューを展開すると、以下のようになっているので
      • Component: S5Renderer
      • Enabled: Off
    • EnabledをチェックONしときます。
      • Component: S5Renderer
      • Enabled: On
    • [Apply Changes]ボタンをクリックすると反映しそうです。

すると、各Wikiページの下のにある表示形式リンクに "Slideshow" が追加されます。期待が高まります。

Download in other formats:
Plain Text Slideshow

うーむ。エラーになりました。

Oops…
Trac detected an internal error:
AttributeError: 'genshi._speedups.Markup' object has no attribute 'plaintext'

0.11対応パッチの適用

そういえば、S5 Plugin のチケットにTrac 0.11 対応パッチが添付されていました。

このパッチをどう当てたらいいのか....。ダウンロードした S5Pluginに

s5plugin/0.10/s5/s5.py
s5plugin/0.10/s5/templates
s5plugin/0.10/s5/templates/s5.cs

というファイルがありますので、たぶんここにパッチを当てればよさそうです。

カレントディレクトリは s5plugin/0.10 なので、ここにダウンロードしたパッチファイルをおきます。
lsをとるとこういう感じです。

$ ls
S5.egg-info		dist			s5plugin_0.11.patch
build			s5			setup.py

恥ずかしながらパッチコマンドを記憶していないので、manをみながらこういうコマンドではないかと推測しました。

$ patch -p0 < s5plugin_0.11.patch

やってみます。えいっ。

patch -p0 < s5plugin_0.11.patch
patching file s5/templates/s5.html
patching file s5/s5.py

うまくいった感じでしょうか。
s5/templates/s5.htmlができていて、s5/s5.pyの5行目に"Chrome"という文字列が追加されていれば、きっと旨く行っていると思います。

$ head -5 s5/templates/s5.html
!DOCTYPE html
    PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
	xmlns:xi="http://www.w3.org/2001/XInclude"

$ head -5 s5/s5.py
# s5 plugin

import re
from trac.core import *
from trac.web.chrome import ITemplateProvider, add_stylesheet, Chrome

お、成功している感じ。
じゃあもう一回インストールしてみます。

$ sudo python setup.py install

(中略)
copying build/lib/s5/htdocs/ui/yatil/toggle.gif -> build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/s5/htdocs/ui/yatil
copying build/lib/s5/s5.py -> build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/s5
creating build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/s5/templates
copying build/lib/s5/templates/s5.cs -> build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/s5/templates

(中略)
Installed /Library/Python/2.5/site-packages/S5-0.1-py2.5.egg
Processing dependencies for S5==0.1
Finished processing dependencies for S5==0.1

なんとなく、新しくできた s5/templates/s5.html が取り込めていない感がありますが、まあとにかく tracd再起動してみてみます。

Oops…
Trac detected an internal error:
TemplateNotFound: Template "s5.html" not found

やっぱし。setup.pyあたりにファイルリストがあるんでしょうか?

$ cat setup.py

from setuptools import setup


themes = ['blue', 'default', 'dokuwiki', 'flower', 'i18n', 'pixel', 'yatil']

data = ['templates/*.cs', 'htdocs/*.png'] + \
        ['htdocs/ui/%s/*.*' % theme for theme in themes]

setup(name='S5',
      version='0.1',
      packages=['s5'],
      author='Alec Thomas',
      url='http://trac-hacks.org/wiki/S5Plugin',
      license='Public Domain',
      entry_points = {'trac.plugins': ['s5 = s5']},
      package_data={'s5' : data})

"data = "のところで、ファイルの拡張子っぽいものを選択しているあたりが気になります。そこを書き換えてみます。

data = ['templates/*.cs', 'templates/*.html', 'htdocs/*.png'] + \
        ['htdocs/ui/%s/*.*' % theme for theme in themes]

で、もう一回インストール。

$ sudo python setup.py install

(中略)
creating build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/s5/templates
copying build/lib/s5/templates/s5.cs -> build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/s5/templates
copying build/lib/s5/templates/s5.html -> build/bdist.macosx-10.5-i386/egg/s5/templates

(中略)
Installed /Library/Python/2.5/site-packages/S5-0.1-py2.5.egg
Processing dependencies for S5==0.1
Finished processing dependencies for S5==0.1

こんどは s5/templates/s5.html が取り込まれたようです。tracd再起動してみてみます。

お、動きました!

日本語表示を目指して (今日は断念)

しかし、日本語を含むページが表示できないようです。

スライドを表示したときにHTMLのソースを見ると、文字コード(UTF-8)が指定できていないのがまずそうです。先ほどの、s5/templates/s5.html がそのソースっぽい匂いがしますので、ここに文字コードを示すmetaタグを追記してみます。

$ vim s5/templates/s5.html 
(中略)
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<title>$title</title>
(以下略)

で、もう一回インストール。
だめっすね。日本語を含むページだけ無視されます。
文字化けしている訳ではないので、HTML表示部ではなく、wikiの処理部分で飛ばされている可能性が高そうです。

今日は日本語ページの表示は断念します。
すみません。

(断念中止)日本語表示できてました。

日本語表示できていました。ただし、前節の metaタグ追記は必要なようです。

だめっすね。日本語を含むページだけ無視されます。

これは、S5Plugin の Wikiの書き方の癖がつかめてなかったのが原因でした。

なんとなく理解した記法はこんな感じ。

    • ドキュメントタイトルは、 =(タイトル)= で。行頭の空白はダメ。この記法は文書内に1つだけ許される。
    • 各ページは == (タイトル) ==で。
    • *とかは認識できるみたい。たぶん、wikiをhtml化するTracのモジュールを利用しているのだろうと思われる。

おかげさまで、枕を高くして寝られます。
ありがとうございました。