XP祭り2020に、一般社団法人スクラムギャザリング東京実行委員会、スクラムフェス大阪として書籍プレゼントに協賛します。

XP祭り2020 に、出版者様から見本誌のご提供をいただいておりますが、併せて一般社団法人スクラムギャザリング東京実行委員会として、書籍を提供いたします。原資にはスクラムフェス大阪の収益金も活用させていただきます。 アジャイルをこれからやろうとし…

皆さんの推薦書 ~ みんなで選ぶ!今読むべきアジャイル本・技術書

XP祭りに関連して、「みんなで選ぶ!今読むべきアジャイル本・技術書」というアンケートをしております。 kawaguti.hateblo.jp アンケートでご推薦いただいた本 およせいただいた推薦書を、併せていただいたコメントとともに、貼っていきます。 エクストリー…

アジャイル戦略論 「チーム作りの巻」 ~ わたしの場合

RSGT2021にプロポーザルを出しました。3人で自分の言葉でチーム作りを語ってみようという話になりまして、まず私の分の概要を書いてみました。 Regional Scrum Gathering Tokyo 2021 - アジャイル戦略論 「チーム作りの巻」~すべての基礎はチーム作りにあ…

スクラムマスターに関する翻訳書が出ます - ScrumMaster the Book

スクラムのコミュニティの皆さんと訳したスクラムマスターに関する本が出ます。開発チームの支援にとどまらず、組織全体でのスクラムマスターの働き方について、幅広く言及した本です。 SCRUMMASTER THE BOOK 優れたスクラムマスターになるための極意――メタ…

XP祭り2020 にご協力いただいた見本誌・寄贈本を随時公開していきます。

XP祭り2020は9/19(土)にオンラインで開催されます。オンラインでは場所は特にありませんが、アギレルゴコンサルティングの新宿のオフィス Agilergo Dojo としてご協力しております。 jp.agilergo.com アジャイルコミュニティへの入り口。XP祭りもオンライン…

リモートモブプロの原則

コロナ前からですが、リモートでモブ作業をすることがすっかり当たり前になりました。会議を含むリモート作業がうまくいくための条件はいくつか思い当たるのですが、こちらのサイトでシンプルにまとまっていたので、紹介したいと思います。 Remote Mob Progr…

アジャイルテストの世界 - Agile Testing Condensed と実例マッピング

リサとジャネットの Agile Testing Condensed という短い書籍があるんですけど、これの翻訳をお手伝いしました。権利周りの調整のお手伝いと、翻訳レビューです。 leanpub.com アジャイルテスティングという、日本ではそんなに盛り上がっていない分野があり…

DevOpsDays Tokyo 2020 中止の経緯

DevOpsDays Tokyo 2020 は実施・オンライン配信・延期・中止を検討の結果、中止ということになりました。関係する皆様、ご支援いただいている企業様には大変ご迷惑をおかけしまして恐縮ですが、何卒ご理解をいただきまして、今後も引き続きご支援いただけれ…

西島カーブ - 戦艦大和を作った西島技術大佐

先週末はオープンセミナー広島さんにお邪魔してお話させていただきました。資料は下のものです。資料冒頭で「西島カーブ」の話をしました。 osh-web.github.io speakerdeck.com 前日に観光に行った呉市の大和ミュージアムで、呉の海軍工廠の成り立ちから戦闘…

3月にDavid Bernstein さんの 認定スクラムデベロッパー研修を行います

アギレルゴコンサルティングでは、Scrum Alliance 認定 の スクラム研修を数多く行ってきました。私たちが実際に海外で知り合った選りすぐりの講師陣にお願いしています。 次は、「レガシーコードからの脱却 ―ソフトウェアの寿命を延ばし価値を高める9つのプ…

カンファレンスの雰囲気作りについて

RSGT2020今年もつつがなく開催できました。お陰さまですごく楽しかったという声を多くお聞きしてほっとしてます。スタッフのみなさんおつかれさまでした。スピーカーの皆さんも高いプレッシャーの中、出来る限りのものをぶつけていただいて、本当に感謝して…

パックマンルールでぼっち対策

昨年初参加した、Agile Testing Days のぼっち対策のポスターが秀逸だと思いました。 パックマンルールを常に心がけよう。 Keep the Pac-Man rule, always in mind! 初参加の人や初対面の人が話の輪に入りやすくなるよう、必ず入り口を開けておきましょう、…

「難しい人を受け入れるのは同時に一人まで」ルール

考え方が違うとか、感覚が違うとか、うまく付き合うのがちょっと難しい相手っていうのがたまにあって、別にずっとそうなわけではないんだけど、今はちょっと大変な相手。かといって距離を置くのも適切じゃないようなケースで悩むわけですが、あるときから、…

RSGT2020 非日本語ネイティブ向けのGlobalチケットを発売することにしました。

海外の方や日本在住の日本語ネイティブでない方から、 「数分で完売?クレイジーだね。」 「日本に行こうと思うんだけど、チケットが完売してる。なんか買う方法ない?」 「日本は遠いけど行ってみたい」 というお問い合わせをいただくようになりました。 日…

何十年分の人生経験と対峙する

なんらかの概念を人に教えたり、やりたくなってもらおうとしたときに、それまでのその人の何十年分の人生経験と対峙することになるので、それをたかだか数時間や数ヶ月でなんとかするのはそもそも成功率の高くない賭けなんじゃないかと思うことがあります。 …

お客さんがプロダクトオーナーになるべきなのか?

プロダクトオーナーが忙しい、プロダクトバックログ書いてくれないって話をよく聞くんですけど、そのあと話を聞いていくと実はプロダクトオーナーは同じ会社じゃないんです、お客さんなんですっていうパターンがちょくちょくあります。 プロダクトオーナーが…

組織はツリーではない - Jim Coplien さんのスケールフリーネットワーク論

RSGT2020の基調講演をやっていただく Jim Coplien さんによる、大規模組織のお話がありました。 この話を聞くのは実は三回目(飲み屋、ウィーンでのScrum Gathering、今回)ですし、ありがたいことに、色んな人に日本語で説明することもあるので、周りの人とも…

Post-It が本気出した

7-8年前から紹介しているんですが、Post-Itの本家3Mが作っているiPhone App に Post It Plus というのがあります。 壁に貼った付箋を写真取ると電子化してくれるもので、秀逸なところは、付箋のサイズを自動認識して仮想的なボードに展開し、PowerPointなど…

「できるけどやらない」のがアジャイル

この記事はRSGT2020アドベントカレンダーのために書きました。 Regional Scrum Gathering Tokyo Advent Calendar 2019 - Adventaradventar.org 週末に奥さんに誘われて細野晴臣さんの50周年記念のショーを見に行ったんですが、おん年72歳の細野さんが若者と…

みんなが納得する答え

みんなが納得する答えが議論の結果としては出ないとしても、作業の先にはあったりするんです。なので、ちゃんと手を動かしてちょっと作ってみるのが大事。 先週、紙の申請書を用意する件がありまして、一枚目を書いたら色々ご指摘をいただいて、二枚目を書き…

Copeさんによる A Scrum Book の入門勉強会があります。

もう来週月曜(12/2)なんですが、出たばかりの A Scrum Book: The Spirit of the Game(通称スクラムパターン本)の発起人である Jim Coplien さんから直々にスクラムパターン本の話を聞く会をやります。いちおう本も確保していますので、欲しい人には有償です…

またやろっかなって思ってもらえる仕事を作る

仕事はもとより、カンファレンスやコミュニティをやってて心掛けていることの一つを思いだしましたので書いておきます。 「またやろっかな」って思ってもらいたい です。来年もまた集まってもらえるように、今週のミーティングや作業に行こうかなと思っても…

More Agile Testing 第一章の非公式翻訳

実践アジャイルテストの続編である、More Agile Testing の第一章が、アジャイルテストの歴史を端的に書いてていいな、と思ったのでその部分だけ訳してみました。 More Agile Testing: Learning Journeys for the Whole Team (Addison-Wesley Signature Seri…

『一兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』を読みました

プロダクトマネージャーカンファレンスでキーノートを話してたMarty Caganさんがおすすめしていた本。Amazonのリンクが上手く貼れないのでKobo貼っときます。 1兆ドルコーチシリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え【電子書籍】[ エリック…

Agile Testing Days に行ってきた

ドイツのベルリン近郊のポツダム(ポツダム宣言のポツダム)で毎年行われている Agile Testing Days に来てます。 一昨年まで Rakuten Technology Conference をやってた都合上スケジュールが毎年あわなくて、遂に来ました6年越し。 実践アジャイルテストのジ…

Target Dojo に行ってきた - 受入型研修施設のエッセンス

Agile 2019 に行ったついでに、ミネアポリスに寄りまして、Target さんの Dojo という研修施設にお邪魔しました。 kawaguti.hateblo.jp 今年のDevOpsDays Tokyo でも来日してプレゼンしてくれています。 confengine.com 昨年のAgile2018で知り合いまして、Do…

ライブラリのバージョンが古くなっていたのでアップデート

週末の作業記録です。 タイマーアプリのライブラリのバージョンが古くなっていたのでアップデートしました http://tiimer.net npm outedated でライブラリのバージョンをチェックします。あらあら真っ赤。 そもそもAngularの推奨バージョンが上がってしまっ…

Agile 2019 に行ってきた

ワシントンDC近郊のNational Harborで行われている Agile 2019 に参加しています。今日は4日目の夕方で、今夜のパーティと明日午前のキーノートを残して90%くらいの日程を終了しました。 www.agilealliance.org Lightning Talks で話してきた。 今回は5分の…

スクラム現場ガイドの Mitch Lacey来日!認定スクラムマスター研修、認定スクラムプロダクトオーナー研修があります。

以前、教育心理学概論で得たジグソー法を使ってスクラム現場ガイドを読みました。 scrumfieldguide.doorkeeper.jp 本書は、1年目にスクラムとアジャイルで『どんなことが起きるか』についての本です。筆者が、1年目のアジャイルにまつわる物語を集め、難しい…

ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階

リーマンショックの少し後に出た本なのですが、当時書店で立ち読みしたままで、なんとなくちょうどいまくらいの時期に読むとよさそうかなということで、読みました。 ビジョナリー・カンパニー3 衰退の五段階 作者: ジム・コリンズ,山岡 洋一 出版社/メーカ…