Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

楽天テクノロジーカンファレンスに参加してきました。

昨日はおつかれさまでした。
いろんな社内の人がボランティアで動いて、もちろん会社も動かして、イベントをやっている様が勉強になりました。

これは、なにか既存の枠に収まらない、新しいことになっていると感じました。

三木谷さん

  • 日本語のスピーチはRWC以来さ(キラッ)
  • 楽天経済圏さ(キラッ)
  • テクノロジーやOSSが重要なので進めていくさ(キラッ)

まつもとゆきひろさん

  • 英語勉強するといいさ(キラッ)
  • OSSの有名な人とか、仲間と会話するには英語さ(キラッ)

アジャイル開発のグローバルな現状と日本の位置および、楽天におけるアジャイル開発への挑戦

  • 平鍋さんと田澤さんのお話。
  • 平鍋さんは、オランダの人が調査した各国の話。
  • 川口質問
    • 日本人の特性がそうだとして、その上でのアジャイルってありうるのか?
      • 平鍋(意訳): 私のみたケースは、優れたリーダーがいるケース。優れたリーダーがいれば、日本人はとてもうまく働けるかも。ビジョナリー型とファシリテータ型がいるね(キラッ)
  • 田澤さんは楽天社内のアジャイル適用の話
    • 一部の部門でアジャイルを適用してみた
    • 全社に一度に導入しようということではない
    • 経営には説明しづらいんだけど、
      • 現場は楽しそうにやっている
      • 成果も出ている気がする。成果物(サイト)から読み取るのは難しいけれど

メモとってなかったので、適当ですみません。

LTで発表しました。

ちょっと枚数が膨らんでしまったので、資料を流すだけになってしまいました。
発表慣れしていないので、すみません。

スライドの原稿になったメモを下につけます。

 ・スクラムについて
  Jeff Sutherland と Ken Schwaber
  野中さんと竹内さん
  The New New Product Development Game

   危機的な状況への対応
    小手先の改善では対応できない。新製品開発が必要
    社内の力、チームの力を最大限に引き出す
    とにかく時間がない、人もスキルも足りない

 ・ロスの排除
   最大のロスはコミュニケーション
    1.段取り、役割分担
     各人、各役割のキッチリ度を高めるのが目的じゃない
     「私の部分は大丈夫だったんですが...」そんなことやっている暇がない
    2. 時計を合わせる
     みんな一日の時間は同じ。
     一週間も同じ。
     朝会と週間スケジュールを合意し、予定調整のムダを省く
    3.報告書
     今週やることは、週初に全員で計画。週末にレビューで結果を確認。
     進捗は朝会15分で共有する。
     状況は同席していればわかる。
     Wordをメールするより、壁に貼れ。
    4.議論
     会議室は移動コストがかかる。常に発生する問題をリアルタイムで相談する。
     全員同席
    5.ノウハウの伝播
     手順書のレビューより、一緒に作業する方が多くの情報が伝わる
    6.過剰な約束
     「できるはず」と約束するのは不要。「80%完了」は無価値。
     やってみることを宣言、試す、結果を報告。
    7.失敗を引きずらない
     失敗体験を共有し、精神的に引きずらない。
     反省しつつ改善案を考え、次行こう、次。
    8.指揮伝達
     指揮官はやることと優先度を指示するだけ(プロダクトオーナー)。
     細かい作業指示はムダ。現場(チーム)に任せよ。
     現場をコーディネートする人間を作る(スクラムマスター)
    9.自分たちで考える
     上司や顧客にいちいち指示を仰がない。
     「指示待ち」と相手のせいにして手を止めない。
     自分たち(チーム)で考え、不明なことはどんどん聞く。
    10.問題と知識をチームの真ん中に置く
     問題も知識も常にチーム全体から見える場所に置き、共有せよ
     技術を徹底的に活用する
    11.引き継ぎ
     一対一の担当引き継ぎは不要
     チームに入ってくる人をみんなで教育。継続的OJT
    12.伝言ゲームの排除
     「言っとく、聞いとく」はムダ。
     全員同席でレビューせよ
    13.定期的な報告会
     定期的に報告会を開催する。
     進捗と現在のできばえをデモし、製品の方向性を議論してもらう
     予定は、すべての参加者と、あらかじめ決めておく。
    14.兼業の排除
     人間に使える時間はみな同じ。
     一人が2つのチームを兼務するのは、調整のムダを生む。
     必要なら、チームごと兼務させよ
    15.無理しない
     あなたができない約束をして、実現が困難なら、困るのはみんな。
     あなたが仕事を、1人で抱えてしまえば、不安になるのはみんな。
     あなたが無理して、体壊せば、困るのはみんな。

某所で発見した写真がよかった。