Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

大坂 (おおざか)

私的なことなのですが

大学に出るまでの18年間育った土地に、

「大坂(おおざか)」と呼ばれる坂があった。

たいして大きな坂でもないのだけれど、勾配が急で、S字カーブしているのが印象的な坂だった。

坂の上側は畑地帯で、坂を下りると田んぼ地帯(田んぼは小学校のうちにどんどん畑に転換されていった。米減産、商品作物への転換である)。

小学校からの帰り道、大坂を登りきってしまうと、程なく家についてしまうので、大坂は最後の遊び場である。

しゃべりながら、遊びながら、だらだら登ったものだ。

ススキで手を切ったさ。

けんかもしたさ(弱いけど)。

きっと子供なりに楽しい思いもいやな思いもしただろうけど、あんまし覚えてない。

ただ、ただ、懐かしさが心に残る。