Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

TOEFL iBT

海外旅行のあとはTOEFLスコアが伸びる(にちがいない)と勝手に自己満足的に考え、TOEFLを予約してみようと思う。

前回受けたときはCBT(Computer Based Testing)という形式だったが、

現在はiBT(Internet Based Testing)という形式になっているそうだ。

試験場のパソコンで受験する点は変わっていないようなので、

試験内容の違いを確認しておけばいいだろう。

ja.wikipediaにとても詳しく載っていたので読んでみた。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/TOEFL

 http://ja.wikipedia.org/wiki/TOEFL_iBT

・日本人が得意とされるStructure(文法問題)が削除された。

・日本人が不得意なSpeakingが追加された。

とある。

個人的には、Structureがもっとも不得意なので、

この点はあまり気にする必要はなさそうだ。

Structureを頑張れば点が伸びるという幻想は持たないようにしよう。

(もともと持ってないけど。)

出題形式はこう、とWikipediaにある。

- Reading : 多くて5問

- Listening : 35問

- Speaking : 6問

- Experience

- Choose a side

- Reading and Listening about a University

- Reading and Listening about a Lecture

- Listening about a Problem

- Listening about a Lecture

- Writing : 2問

- Integrated-essay

- Independent-essay

なるほど。

Writingも増えている。

自分で書いたり喋ったり、発信系の問題が増えた。

つまり、それを採点できる体制を整えられるようになった、ということだろう。

フラット化で、採点作業がインドか東欧にアウトソースされていたりするのかもしれない。

(単に価格が上がっていたらショックである。・・・$170らしい。以前は$125くらいだった気がする。忘れた。)

あ、考えてみれば、旅行中に受けるっていう選択肢もあるな。

うん、それいいかも。試験場を探すだけでもドキドキ体験。まさにアウェー。

(ちょっと勿体ないかなぁ。)

・・・調べたら受験日があわなかった。ちょっと残念。

Remove all ads