玉川憲さんのお話 - Tech Crunch Japan 2017

Tech Crunch Japan 2017 に参加してきた。2日目の最初のセッションはソラコムの玉川憲さんのトーク(聞き手は西村賢さん)で、だいぶクラウドメモ帳(Facebook)にメモったのでここに置いておきます。素晴らしい聞き手と素晴らしい答え。ありがとうございました。メモ内容の正確性は...ごめんなさい(指摘いただければ直します)。

jp.techcrunch.com

f:id:wayaguchi:20171118023204j:plain

IVSとWiLから7億調達。
起業に不安はなかった。
クラウドによって起業しやすくなった。

以前はラック立てるために一億円とか
しかし日本であまりスタートアップが出てこないという葛藤が
安川さんとシアトル出張
ビールを飲んで盛り上がる
クラウドでなんでも作れるよね。でも世間は思ってない
銀行の基幹システムとか
別れてホテルに帰ったあとねれなくて仮装のプレスリリースを書いた(アマゾンの文化
その時の名前はコネック
起きたらこれいけるんじゃないかと
朝ジャグジーで安川さんに共有
でもすぐはいけなかった
AWSでやるということもあったと思うが、AWSのユーザーとしてやった方がいいなと思った

KDDIの投資額は正確には公開してない。Amazonへの売却もありえた。キャリアかクラウドベンダーの2つの選択肢がありえた。(世界中の候補を回って) KDDIを選んだのはM&Aの後のシナジー。昨年からすでに一緒にやっていた。KDDIのIoT向けはソラコムの技術を使っていて、いち早く採用してくれた胸熱な相手。

松本さんは投資家ですが元々起業家でヤフーに事業を売却して、起業家と投資家の両方の視点でわれわれに寄り添ってくれた

5Gとかになると帯域は大きくなるが、IoT向けではそれほどいらなくてモジュールが小さくてどこにでも入るというのが重要。

多くのスタートアップで使ってもらっている。例えばファームノート。牛の胎内の体温を測る。まごチャンネルのチカクさん。おじいちゃんおばあちゃんが孫の写真を簡単に観れる。

ソースネクストの通訳端末のデモ。29800円でSIM込み。音声データをそのままクラウドに送っていて言語によって違う翻訳エンジンを使う

f:id:wayaguchi:20171118023403j:plain

IoTは無限の可能性があって、産業ごとにIoTがある。メイカーズムーブメントによって色々なデバイスがでてきて。Twitterが出てきて、みんな悔しがるみたいなことが起こるんじゃないかと。
 
 ソラコムの平均年齢は36-7。玉川さんが39の時に起業。おっさんスタートアップって言ってたら広報に言うなと言われてる。嫁ブロックはなかった。初期メンバーはほとんどが即決できなかったので、場合によっては自分も直接会って。ビジョンと、ブラックじゃないというところを説明。ソラコムは子だくさん。関東IT保険は子供の数が多くて断られたくらい。でもメンバーは未来があるから子供を産むわけだからこれを誇ろうと。ソフトウェアテクノロジーで価値を作っている会社なので。優秀なソフトウェアエンジニアかどうかはゼロイチができるかどうか。完全にフルフレックスで満員電車に乗るなと。私も乗ってない
 
テクノロジープラットフォームを作る会社でグローバルにやりたい。着実な売り上げ成長より一気に成長するスタートアップにしたかった。少人数で価値の高いプラットフォームを作ろうと。15年以上の経験があるいわゆるフルスタックエンジニアにストックオプションしっかり払って。基本的な給料はそのまま以上で入ってもらって、ボーナスはストックオプション。日本だとストックオプションの額がよくわからないけど、アメリカだとシリーズと役職で業界標準ストックオプションの数が決まっている。アメリカから入ってくる人はそれを期待してくるのでそれに合わせようと思ってやってる。額は公開していない。プライベートなことなので。
 
投資家から見るとあまりたくさん出すのは価値の希薄化になるので嫌がる。だが会社が成長するために必要なこと、といえばオプションプールは作れる。ストックオプションがないと特に海外は優秀な人材が採用できなかったと思う。日本だと理解してない人が多いかもしれない。我々は説明しようとしている。ある意味どうなるかわからないものなので細かい値はどうでもよいところがあって、それよりどれだけのスピードで成長できるかが大事。0.1ポイント増やすとかで交渉しなくてよくなった。ソラコムは2年で売却なので時間がかからなかったが長くなると疲弊してくるが、ストックオプションならそこは明らかなのでいい仕組みだと思う
 
スタートアップの技術的負債について。ソラコムはすでに10個のサービスを持っているのでそのメンテナンスが重荷になる。ソラコムでは開発と運用を分けてないので元々汚いコードは自分を苦しめるので書かない。技術的負債のお掃除の期間をとったりしている
 
アメリカヨーロッパ、シンガポールにオフィス。アメリカはオープンドアが顧客についたので立ち上がってきた。内見用の鍵のIoT。う埋め込みのチップ型SIMも。IHIはプラントに。旭硝子は労働者の移動の最適化のためのデバイスをやっている。
 
スタートアップの苦労。苦労話はずっとあるけど、自分でやってるので...。きつかった時期は何度かある。シリーズAを受けるまでは心臓が痛かった。手持ちの金でやっていたけど、資金調達できなかったらどうしようというのはあった。なので資金調達のニュースがあったらおめでとうと言ってあげたい。資金調達は何かのマイルストーン、KPIを超えてるから受けられるもの
 
私自身ここに偉そうに座らせていただいているけど、最初に西村さんに声かけた時は全く思ってなかった。昨年のTechCrunchの時はM&Aを考えてなかった。それがスタートアップのダイナミクスAWS時代に既にVCなどの人に沢山あっていたので、投資を受ける時にも初対面じゃなかった。そこは結構ポイントなのでTechCrunchなどで是非知り合ってほしい

Zero Bug tolerance (既知のバグをゼロにしてデリバリーする)

いつだったか、たぶん今年だけど、Zero Bug tolerance (既知のバグをゼロにしてデリバリーする) の話によしおかさんから「それは現実的じゃない。」という指摘を頂いた。確かに昔はやってなくて アジャイルとか CI/CD とかで変わってきたところだと思う。

むかし、半年以上のスパンで出すときは、リリース時にQAで見つかったものに重要度/緊急度の分析をして対応決める(トリアージ)が普通だった。深刻じゃないバグは注意書きしたりした。一定以上、深刻なのは小さく再リリース(HotFix)したり。なのでリリース後は結構忙しかったり。

あ、HotFixっていうのもマイクロソフトが自動アップデートするようになったWindowsの方のXPあたりから聞くようになった単語ですね(個人的にはそうだけどもっと前からあったのかもしれない)。

継続的デリバリーの世界では毎日潰してく。品質が上がったというよりマインドの問題っぽい気がする。扱うシステムの粒度が違ったり、リリースの頻度も違うんだろうけど、基本的なパスのエンドツーエンドテストを毎日やるようにしたりとかかなぁ。 

で、同じようにQAしたらそれなりに発見されるんだろうけど、問題はクラウドというオープン系では2週間も状況を固定してテストしたりできないってことかな。(だから、品質の"判定"を会議でやるのはもう無理だと思う。)

あ、昔は完全な動作確認環境も作れなかったりした。 ハードウェアがあってドライバ違いで出るやつとか。プリンタ機種依存問題とか辛かったな。仮想化とクラウドでずいぶんやりやすくなった、というのはある。

なんでこんな話を再考してるのかっていうと、Hunter の Chris Lucian が モブ始めて一年半バグが出なかったので、信頼を得て次のステップに進めた話をしてて、そうそううまくいかないプロダクトはバグ対応に自分たちが潰されちゃうんだよね、って思い出したことによる。

アンクルボブのClean Code の世界。これもアジャイルやってる人はみんな知ってると思うけど、意外と知られてなかったりするのかもしれない。きれい(Clean)といっても美意識の問題じゃないのです。ビジネス直結の話。

いまどき、リリース前のQAでボコボコ基本的な指摘が見つかるようなブロダクトに近づきたくないですよね。

 

Clean Code アジャイルソフトウェア達人の技

Clean Code アジャイルソフトウェア達人の技

 

 

 

継続的デリバリー 信頼できるソフトウェアリリースのためのビルド・テスト・デプロイメントの自動化

継続的デリバリー 信頼できるソフトウェアリリースのためのビルド・テスト・デプロイメントの自動化

 

 

 

ロッシェル・カップさんのトーク : シリコンバレーのスピードを身につける方法

ロッシェルさんのトークに行ってきた。ビデオはこちら(Facebook https://www.facebook.com/codechrysalis/videos/1566566250046015/?fref=mentions&pnref=story)

codechrysalis.connpass.com

よくまとまっていてさすがロッシェルさんだなぁ、と思った。聴衆はあんましソフトウェアとかシリコンバレーに詳しくなさそうな人が多くて、どの質問も新鮮だった。

 

特に最後の質問がすごく興味深くて、「シリコンバレーの企業は性善説の前提に立ってコントロールよりエンカレッジだというのはわかる。日本ではできないのでは?」というもの。

これはまさにNUNMIで元GMの従業員に対してトヨタが自律的な改善を教えたのと逆のことになっていると感じた。これは地域性でも民族性でもなくて。信頼の問題だったのだと気づく。トヨタと同じ国に生まれただけにすぎないな、日本人、って思った。

SQL Database の入り口

Azure の マネージドサービスで久しぶりにSQL Server のセットアップをしたら世界が変わっていたのでメモ。畠山大有さん、ご説明ありがとうございます!自力で調べると時間がかかるので先に調べてる人から聞くのは楽でいいです。

 

Azure PortalSQL Databases を選択して作る。データベース名は適当。

f:id:wayaguchi:20171101104504p:plain


Pricing Tier は料金プラン。プランは4段階。さらに性能としてDTU(アクセス数)とストレージ容量が調整できる。現時点ではストレージ容量は値段に影響しない。

f:id:wayaguchi:20171101104636p:plain

本番はStandardくらいからがオススメとのこと。月2000円しないのに、クラスタリングされてるとか素敵。

f:id:wayaguchi:20171101104821p:plain

一番高いプランでも10万円だった。一番安いリアルDBサーバより安そう。

f:id:wayaguchi:20171101105001p:plain

Collationは言語設定のデフォルト。日本語を扱う場合は、Japanese_CI_AS にしとくのがオススメとのこと。列ごとに設定もできるけど、ここで設定しておくとテンポラリのテーブルにも適用される。

f:id:wayaguchi:20171101105105p:plain

 

インスタンスができたところ。データ暗号化、自動チューニング、監査、脅威検知、地域分散、動的データマスクのオプションがある。有料だけど、なんか自分で設計しなくていいのやばいな。

f:id:wayaguchi:20171101105227p:plain

 

自動チューニングは、毎日問い合わせのデータをとっていて、インデックスの生成/削除をおすすめしてくれる。機械学習が使われている。

f:id:wayaguchi:20171101105512p:plain

 

脅威検知( Threat Detection )はサーバへのログインで地域が変なところから来たら検知するやつ。これが用意されているのはクラウドならではですね。

f:id:wayaguchi:20171101105612p:plain

 

基本的なメトリクスはデフォルトで取れてるので、自分で設定してた10年前くらいを思い起こすと、便利になったなぁ、クラウドすげぇなぁ、と思いました。

 

追記: アクセス元IPの許可

f:id:wayaguchi:20171101111307p:plain

f:id:wayaguchi:20171101111324p:plain

 

f:id:wayaguchi:20171101111337p:plain

 

ソフトウェア職人マニフェスト

Ron Jeffries たちが、2009年くらいから、Scrumとかチームのプラクティス中心になってしまったアジャイル業界を嘆いて、技術プラクティスの復権のためのミーティングを行っていて、そこで生まれたのがソフトウェア職人マニフェスト ( Manifest of Software Craftsmanship : ソフトウェア・クラフツマンシップ・マニフェスト) だ。

平鍋さんが当時行った翻訳はこれ

動くソフトウェアだけでなく、しっかり作られたソフトウェアを。
変化に対応するだけでなく、着実に価値を付加していくことを。
個人と相互作用だけでなく、プロフェッショナルたちのコミュニティを。
顧客との協調だけでなく、生産的なパタートナーシップを。

なぜか本編サイトにマージされていない。

Well-Crafted は「しっかり作る」よりもっと技術職人っぽく、「精巧に作る」、「巧みに作る」というニュアンスがあったらいい気がした。

Steadily Adding Value は「着実に価値を付加していく」で異論なしだけど、その技術的背景が大事な気がする。「安定的に価値を付加する」とか。Steadilyを調べたら「絶え間なく」なんてのが出てきたので、Continuous Delivery的にはこっちのほうがそれっぽい。

Community of Professionals は「プロフェッショナルたちのコミュニティ」は、たぶんコミュニティオブプラクティスからもじってるんだと思うけど、そのまま訳すと意味不明なのが難しいところ。個人と対話より、という文脈なのでただ複数形というより、主体と主体が積極的にコミュニティを作るというニュアンスで「プロフェッショナル同士のコミュニティ」とかどうかなぁ。

Productive Partnership は「生産的なパタートナーシップ」でこれは単に誤字修正で「生産的なパートナーシップ」としたところで、よくわかんない気もした。日本だとパートナーシップがちょっと活動というより関係に過ぎないっぽい匂い。形だけの関係でもパートナーって言っちゃうので感じ悪い言葉になってしまっている。「生産的な協業関係を」協調だけでなく何かを一緒に作るという意味で、協"業"するなんて言葉の遊びも入れてみた。

動くソフトウェアだけでなく、巧みに作られたソフトウェアを。
変化に対応するだけでなく、絶え間なく価値を付加していくことを。
個人と相互作用だけでなく、プロフェッショナル同士のコミュニティを。
顧客との協調だけでなく、生産的な協業関係を。

ちょっと平鍋さんに見てもらって、まだメンテされてるようなら、本家に送ってみようかな。

f:id:wayaguchi:20171009163440p:plain

Manifesto for Software Craftsmanship

 

とりあえず楽しくて、続けられるようなことを優先しよう

人生は誰とつきあって、なにに時間を使うかくらいしかコントロールできる変数はないのだろう。やりたいことと、すべきこと、つきあうべき人と、避けるべき人、楽しいことと、楽しくないこと、儲かること、損すること。ノウハウと機会の面で、誰とつきあうかは重要なんだけど、楽しく儲けたい人は、そうでない人を避ける傾向があるので、ゼロをイチにすることはできない。チャンスをつかんで、つながり続けるかどうかなんだろうなぁ。全然うまくできる気がしない...。とりあえず楽しくて、続けられるようなことを優先しよう。ジェフパットンが言っていたように、「あなたたちはバックログの奴隷ではない」のだから。だいぶムダなことしてると思う。すみません。

 

(2014年にFacebookに書いてたメッセージ)

教育心理学概論 三宅芳雄, 三宅なほみ

一昨年来、読書会をしたりしてアジャイル界隈で言及されている「教育心理学概論」はこちらです。放送大学のテキストで、他の先生からも同名で出ているのでご注意ください。講座用のテキストとして制作されたものですが、「人は学び続ける動物である、なぜならば」という問いからはじまる、故三宅なほみ先生の思考の展開を垣間見ることができる良書です。一章だけでもおすすめ。

「人は、学び続ける動物である。なぜそういえるかというと、人が問題を解いていたり、新しい問題の解を見極めたりする時どういうことが起きているかを詳細に観察してみると、人は、何かが少し分かってくると、その先にさらに知りたいこと、調べたいことが出てくることが多いからだ。人はなにも知らないから学ぶのではなく、何かが分かり始めてきたからこそ学ぶ、ともいえる。」(第一章 P.13-14)

子供の学びの過程とその効果についての実際の研究について言及した後(教科書なのできちんとしてます)、職業上の学び、組織での学び、ITを使った学びの支援なども展開されます。 個人的にはアジャイルとパターンと認知心理学が一つに繋がった本だと思いました(個人の見解です)。

著者の三宅芳雄・なほみの両先生は、認知心理学を学び、認知科学という新たな学問分野が生まれたときに、アメリカでそれに立ち会ってきたバリバリの研究者です。その後、日本に戻り、コンピュータのヒューマンインタフェースや、学習の仕組みをずっと研究してこられました。近年は大学を始めとして小中高の教育現場に自ら立ち入り、現場の先生方と協力して、研究の前に、研究対象となるべき「よい教育現場」を作るために尽力されてきました (  東京大学 CoREF |  )。 

 

 

 

教育心理学概論 (放送大学教材)

教育心理学概論 (放送大学教材)

 

 

 ちょっと手ごわいな、とおもったらぜひ、他の人と集まって協調的に読んでいみると良いと思います。そんな場所もあります。川鯉さんによる勉強会はこちら

educational-psychology.connpass.com