Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

フラット化する世界(下)

グローバリゼーション礼賛本、というわけではないですね。

下巻は、

 ・個人はどうサバイブしていけるか。

 ・企業はどう対応しているか。すべきか。

 ・グローバル化の恩恵を受けている国/地域と、そうでない国/地域の間に格差が広がっている

 ・格差は、反米デモや、イスラム原理主義に利用されているが、格差の解消に有効なのは、やはりグローバリズムにつながりにいく努力ではないか。貧しい農民は、その手段を知る方法もない。そこに手を伸ばしていくことが必要だ。

という感じで・・・、まだ最後まで読んでないけど、イスラム原理主義に関する考察が、なるほど、と思わせました。

フラット化する世界(下)フラット化する世界(下)
トーマス・フリードマン 伏見 威蕃

日本経済新聞社 2006-05-25
売り上げランキング : 441
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まあ、これは本には書いてないけど、読んでて思ったのが、こういう本も英語で書かれてるんだよな。と。

フラットで高速に情報が伝播し、国を越えたコラボレーションが起きていく中で、

通信手段として、知識の表現・蓄積手段として、英語はどうしても重要になってくるなぁ、と。

あと、この翻訳の方の日本語はすごく読みやすいです。