Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

考えて走る

サッカー

オシムの日本代表監督就任で一躍「考えて走る」が流行語になってきた。

サッカーの話を、日常世界の喩えに使うことが大好きな私。

「考えて走る」の示唆することはこういうことだろうか。

 ・型にはまった思考を避ける

 ・動きながら常に判断し、最適な場所にをみつけ、最適な行動をとる

 ・「これが終わったらこれ」という段取りは、つねに外部環境によって変化を余儀なくされる。

 ・だからといって、行き当たりばったりでも対応ができない。

 ・常に少し先を考え、仮設を検証し修正、リスクを管理しつつトライを続ける。

 ・状況をできる限り使う。自分の足も動かす。すべてを使いながら、つねに最適な方法を探し、選ぶ。

 ・急ぐ。急ぐほうが状況を打開しやすい。じっくり考える時間も迷っている時間もない。

 ・でも、考えが浅ければ成功しない。常に早く、深く洞察すること。

 ・失敗にくじけず、そこから学び、早く立ち直って次のアクションに活かす。

アジャイル開発やIDEOイノベーション技法に、通じるところがあると思うのは、

単に私が好きなもの同士を結び付けたいだけかもしれない。

Remove all ads